新着情報

お問い合わせはコチラ    ■市川櫻香の日記     Facebook

日本の伝統文化をつなぐ実行委員会ホームページ

伝統芸能へのmanazashi

 

ワンコインで伝統芸能
日にち:12月17日(土)
会 場:愛知県芸術劇場大リハーサル室

<1部> 公開稽古とお稽古体験  開場:午後1時 開演:午後1時15分

<2部> 公演ができるまで  開演:午後3時

お茶のみ話
日にち:12月18日(日)
会 場:中部邦楽教室(名古屋市中区千代田3-10-3)

著書 倉沢行洋氏から聞く
日本の伝統芸「心のままに匂ひゆく」とはどのような境地なのでしょうか。

【お問合せ】
電話:052-323-4499 FAX:052-323-4575
MAIL:info@musumekabuki.com

【お申込み】
ハガキまたはメールで「日本の伝統文化をつなぐ実行委員会」まで
お申込みください。
郵送先:〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3
MAIL:info@musumekabuki.com
(お名前・住所・お電話番号をご記入の上「伝統芸能へのmanazashi」
17日(1部・2部・両方)または18日の参加希望を明記ください。
また、17日1部のお稽古体験をご希望の方も明記ください。

【募集】 謡をうたい、新春を迎えませんか?



昨年からはじまり、来春第二回となる「新春を寿ぐ、江戸から現代へ」の
舞台に向けて「謡/高砂」のお稽古をいたします。
「謡」とは、能の登場人物の台詞と地謡と呼ばれるコーラス部分を謡います。
正座が苦手な方は椅子でお稽古もできます。


詳しくはチラシをご覧下さい。


お問合せ・応募先

日本の伝統文化をつなぐ実行委員会
【住所】〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3
【電話】052-323-4499 【FAX】052-323-4575
【メール】info@musumekabuki.com


今様絵巻のはじまり、はじまり
【本朝廿四孝】通し
※終了しました

  

「浮世絵」と「伝統芸能」のコラボレーション舞台
むすめ歌舞伎と狂言師により、名作【本朝廿四孝】通し上演

【出演】
狂言師:佐藤友彦 他
むすめ歌舞伎:市川櫻香 他
仙波清彦連中、歌舞伎竹本連中、他
映像効果:水谷イズル、日栄一雅


日時:平成28年10月30日(日) 開場 13時/開演 14時
   ※午前中は「子どもと歌舞伎」上演(11時開演・10時30分開場)

会場:名古屋能楽堂(中区三の丸一丁目1番1号 名古屋城正門前)
   TEL 052-231-0088

入場料:指定席5,000円 自由席4,000円


【主催】日本の伝統文化をつなぐ実行委員会
【企画】NPOむすめかぶき
【後援】愛知県、愛知県教育委員会、名古屋市、名古屋市教育委員会
    中日新聞社
【協力】名古屋ボストン美術館


【チケットご購入・お問合せ】
・名古屋能楽堂 電話052-231-0088
・チケットぴあ 電話0570-02-9999(Pコード453-490)
 http://pia.jp/t お近くのチケットぴあ、サークルKサンクス、
 セブンイレブン各店舗でも直接お買い求めいただけます。
・芸文プレイガイド 電話052-972-0430
・NPOむすめかぶき 電話052-323-4499
 メール info@musumekabuki.com
 〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3


夏のお稽古体験

※終了いたしました

【お問合せ】
TEL 052-323-4499/FAX 052-323-4575


講座
【日本の魅力を探る】


①4月16日(土) 14:00~16:00 於、白林寺(名古屋市中区栄三丁目)
 (4月3日から変更。×4月3日→○4月16日)
「座禅と歌舞伎『三人吉三巴白浪』台詞×語り」※終了しました

②4月24日(日) 於、中部邦楽教室
 「桜をテーマに伝統芸能のお話と上演」※終了しました

③6月25日(土)  開演14:00 於、白林寺(名古屋市中区栄三丁)
  「座禅と歌舞伎『三人吉三巴白浪』台詞×語り」※終了しました

                       ※詳細は下記へお問合せください


公演

【むすめ歌舞伎公演】
10月30日(日) 於、名古屋能楽堂

【第二回 新春を寿ぐ
平成29年1月29日(日) 於、名古屋能楽堂


お稽古 〈場所:中部邦楽教室〉
【アイラブカブキ・大人と子供の伝統芸能】

□親子伝統芸能教室16期生 実施期間:6月~平成29年1月
 《アイラブカブキ》 日本舞踊と歌舞伎のお稽古
 《大人の伝統芸能教室》 茶道・三味線・日本舞踊

□大人の寺子屋・歌舞伎講座


【中部邦楽教室】
〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3

【お問合せ・お申し込み】 日本の伝統文化をつなぐ実行委員会
TEL 052-323-4499/090-5639-3900
FAX 052-323-4575 MAIL info@musumekabuki.com


劇と和楽と舞踊 ~乙姫と静、その愛のかたち~
むすめかぶきに親しむ会 ※終了いたしました

お陰様をもちまして、盛況のうちに公演を終了いたしまた。
お客様には心より御礼申し上げます。

 

むすめかぶき 052-323-4499 メール info@musumekabuki.com
          〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3


日本の伝統と遊ぶ
力 神 
祭と芸能 竹と山車の劇場空間

※終了いたしました
平成28年3月11日(金)~13日(日)
愛知県芸術文化センター小ホール

   ※詳細

お陰様をもちまして、盛況のうちに公演を終了いたしまた。
お客様には心より御礼申し上げます。


むすめかぶき 052-323-4499 メール info@musumekabuki.com
          〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3



第一回 新春を寿ぐ、江戸から現代へ
※終了いたしました
平成28年1月31日(日) 開演:午後1時半(30分前開場)
名古屋能楽堂(名古屋市中区三の丸1-1-1)


   朝日新聞DIGITAL
                                (中日新聞夕刊)
お陰様をもちまして、盛況のうちに公演を終了いたしまた。
お客様には心より御礼申し上げます。


むすめかぶき 052-323-4499 メール info@musumekabuki.com
          〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3



愛知県図書館 企画展示「詩歌の世界」関連事業
朗読と舞踊 「“おくのほそ道”の世界」※終了いたしました

平成27年11月21日(土) 13:30~14:30(開場13:00)
愛知県図書館1階AVホール




松尾芭蕉「おくのほそ道」の朗読
日本舞踊「松島」の上演

出演:市川櫻香


事前申込不要・当日先着60名(入場無料)



秋のむすめ歌舞伎公演 ※終了いたしました

平成27年11月7日(土) 午後4時開演(30分前開場)
名古屋能楽堂
(名古屋市中区三の丸1-1-1)

  


お陰様をもちまして、盛況のうちに公演を終了いたしまた。
お客様には心より御礼申し上げます。


むすめかぶき 052-323-4499 メール info@musumekabuki.com
          〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3



平成28年1月23日 中日新聞夕刊
「第一回 新春を寿ぐ」の記事が掲載されました



平成28年1月15日 朝日新聞
「第一回 新春を寿ぐ」の記事が掲載されました

朝日新聞DIGITAL

平成27年10月31日 中日新聞夕刊
むすめ歌舞伎公演の記事が掲載されました




平成27年10月30日 朝日新聞夕刊
むすめ歌舞伎公演の記事が掲載されました




平成27年10月19日 中日新聞夕刊
むすめ歌舞伎が
こまき山さんと友好を結んだ記事が掲載されました


 


平成27年10月14日 毎日新聞
むすめ歌舞伎が
こまき山さんと友好を結んだ記事が掲載されました


毎日新聞ニュースサイト




お稽古―
やさしい 日本の芸道と芸能へ


自分と向き合う、ちょっと楽しいひとときを

お稽古説明会
平成27年4月18日(土)14時~15時半  会場:中部邦楽教室
※説明会は終了いたしましたが、お稽古のお申込みは可能です。




【お問合せ】
NPOむすめかぶき
〒460-0012 名古屋市中区千代田3-10-3
TEL 052-323-4499 FAX 052-323-4575
MAIL info@musumekabuki.com



平成27年3月14日 中日新聞 夕刊
むすめ歌舞伎公演 『新たいさんぶくん』
の記事が掲載されました


※画像をクリックすると拡大します。


子とともに ゆう&ゆう
市川櫻香が取材を受けました

 
※画像をクリックすると拡大します。

以前の催し 

新年の会
平成27年1月4日(日)
 於、中部邦楽教室

  



平成26年11月1日(土) 日本の魅力を探る⑥
新作夢の衣/壺坂霊験記 公演 於、愛知県芸術劇場 中リハーサル室

  
※リハーサル

皆様に作って頂きました感想俳句集はこちらからご覧いただけます。→ 俳句集

※御名前等、掲載をご遠慮される方はお手数ですが〔むすめかぶき〕までご連絡ください。

TEL 052-323-4499 MAIL info@musumekabuki.com



平成26年7月27日(日) 日本の魅力を探る⑤
村瀬和子氏をお迎えして-名作「隅田川」
      能から歌舞伎へ-歌舞伎舞踊「菊慈童」

 



平成26年6月29日(日) 日本の魅力を探る④
「能から歌舞伎へ 隅田川」高安勝久氏

 


平成26年5月11日(日) 日本の魅力を探る③
「芭蕉連句アニメーション「冬の日」、馬場駿吉氏」

 


平成26年4月26日(土) 日本の魅力を探る②
「吉住小三代、その芸と人

 




以前の公演

平成27年3月29日・30日  於、愛知県芸術劇場小ホール
むすめ歌舞伎公演「新たいさんぷくん」

 

むすめ歌舞伎公演「新たいさんぷくん」アンケートにご協力いただき誠にありがとうございました。
今後の運営の参考にさせて頂きます。

―お客様の御感想―

初々しいけど堂々とした演技で見応えありました。
子供は大人にはない別のエネルギーが出ていますね。
衣裳も舞台も綺麗でした。
奴役の『宿題をしない子を見回っている』と言う台詞は笑えました
女の子達は艶やかさとちょっぴり色気もあって感心しました。
お稽古大変だったと思います。
猿役の子の台詞が無い演技も上手くて
佐藤先生の大名が猿を殺せと言った時は涙が出ました。
皆さん子供なのに既に舞台で華がありました。
ちょうど桜ぴったりの時期に拝見出来て良かったです。




平成26年8月31日(日) 於、名古屋能楽堂
「隅田川」公演

「隅田川」

   

    ※リハーサル

「長唄 島の千歳」
  ※リハーサル

「隅田川」公演 アンケートにご協力いただき誠にありがとうございました。
今後の運営の参考にさせて頂きます。


法人概要©2006,NPO Musume Kabuki.All Right.